価格など

握手

個人事業主にとって経理を行うのはしばしば重荷になります。そのため、確定申告に際して青色申告の書類準備を税理士に依頼することがあります。そうすることによって税金や節税についてほとんど知識がなくとも適切な方法で書類作成を行ってもらうことができます。 税理士に青色申告の書類作成に関わる仕事を全て依頼する際にはその売上高によって相場が異なります。一般的にかかる費用は年間売上げが500万円以下では3万円、1000万円以下では5万円、3000万円以下では10万円となっています。実際には必要とされている書類の準備状況や事業内容の違いによる書類作成の難易度等によって上下どうするものの、売上げに比して安価に税理士に依頼することが可能です。

個人事業主が確定申告する際には白色申告と青色申告のうち、青色申告を選ぶのが一般的です。これは、最大で65万円の控除を受けられることや、家族を従業員として雇うことができることなど、様々なメリットがあるためです。その代わりに経理の記帳において決まりがあり、複式簿記による記録が必要となります。 税理士に確定申告の依頼をする際には、この記帳の依頼も行うことができ、確定申告のプランにはその料金が含まれていることもあります。しかし、この程度なら日常的に行えるというのであれば削減することができるポイントです。こういった不要なサービスを除くことによって費用を削減することも可能です。 この他にも税に関する相談等がパッケージプランには含まれていることが多く、それらをなくすことでわずかではあるものの費用削減につなげることができます。